ツイッターのネットスカウトは要注意!SNSで風俗を探すと危ない6個の理由

アンダーグラウンド

イケメン、美女の夫婦の子供がブスだと闇を感じる。
はい、まっさんです。

風俗のお仕事を探すときに、ツイッターのスカウトに仕事探しを任せようとしてませんか?

ツイッターに現れるネットスカウトは危険です。

今回はネットスカウトを利用する危険性を暴露していきます。

まっさん
まっさん

元スカウトの僕だからこそ語れる真実を公開!

ネットスカウトとは

そのままの意味になりますが、ネットの世界で活動するスカウトマンになります。

ネットスカウトの活動場所

ネットスカウトのほとんどは、ツイッターで活動しています。

たまーにインスタにも現れていますが、大半以上はツイッターで頑張って営業しています。

セルフサロン開業レベルを目指した家庭用光美容器【Datsumo-labo Pro Edition(プロエディション)】

ネットスカウトのリスク

基本的にネット上のみでのやりとりなので、リスクはめっちゃあります。

素性がわからない

ネット上で知り合うので、顔がわからなければ住んでる場所もわからず、相手の素性は全くわかりません。

SNSのプロフィールや投稿しか判断材料がありません。

情報が嘘か本当かわからない

どれだけ良い情報や条件を投稿していても、その情報が嘘か本当かはわかりません。

その情報の真相を確かめる術もなく、鵜呑みにするのは危険です。

まっさん
まっさん

ツイッターは嘘つきが多いで

関係性がない

今までのスカウトといえば、街中で声をかける(俗にいうキャッチ)活動が主流でした。

直接声をかけられるので、顔やある程度の素性はわかりやすいです。

たわいもない会話もするでしょうから、全く知らないという状況は避けやすいです。

街中のスカウト君を正当化するわけではなく、ネット上のやり取りのみのネットスカウト君とは関係を築くのは難しいです。

悪徳ネットスカウトの特徴

ネットスカウトは正直、悪徳なスカウトが多いです。

この特徴に当てはまれば危険でっせ。

やたら条件が良い

常に好条件の投稿がやたらと多いです。

保証10万円!単価3万円!

など情報が好条件ばかりだと、疑っておきましょう。

とりあえず応募させるという人が多いです。

フォロワーが少ない

フォロワーが少ないネットスカウト君は、単純に周りからの支持がありません。w

フォロワーの数だけで判断をするのは違いますが、少ないというのは立派な懸念材料にはなります。

トラブルがある度にアカウントを変えるネットスカウトも多いので、そういう人もフォロワー数は少ないです。

フォロワーを買っている

フォロワーが増えないネットスカウト君は、フォロワーを買って増やしていく人もいます。

フォロワーを買ってるのを見極めるには、

・外国人フォロワーが多い
・いいねの数が少ない

などで、ある程度見極めることが出来ます。

フォロワーが多いだけで、

「この人フォロワーめっちゃ多いやん。絶対大丈夫やん。この人の紹介なら勝ち組確定やん」

と思ったらダメですよ。しっかり中身の確認も忘れずに。

フォロワーを買うとかダサいの極みです。

給料明細やライン画像が多い

自分が紹介している女性は、こんなに稼いでまっせ!アピールをしまくっているネットスカウト君も要注意です。

自作出来るようなラインのやりとりを載せたり、自分で作れるような給料明細をあげたりと、アピールが必死です。

100均で買った給料明細的なやつに、手書きで金額を書く。

こんなん誰でも出来ますから、騙されたダメですよ。

嘘のプレゼント企画

プレゼント企画とは、ツイッターのフォロワーを増やしたい人がよくやる手口です。

投稿をリツイートしてくれたら、現金やアマゾンギフトをプレゼントするといったやつです。

ツイッターやインスタでネットスカウト君がやっている、プレゼント企画はほぼ嘘です。

楽にフォロワーを増やして、自分を大きく見せたいという器が小さい野郎です。

プレゼント企画に関しては、ネットスカウト君に限らずですが、ほぼ詐欺ですよ。

個人情報を抜き取られたり、情報商材を売りつけられるのがオチです。

DMで好条件で勧誘

ネットスカウト君は、ひたすら風俗嬢であろう人にDMを送りまくります。

風俗嬢がツイートしそうなキーワードで検索をかけ、ヒットした人にランダムでDM攻撃します。

ネットスカウト君が検索しやすいキーワードは、

「出稼ぎ 暇」などのネガティブキーワード

「風俗 働きたい」などの仕事探し系キーワード

これらのキーワードで検索します。

根拠がないのに、保証〇万円出します!とか、1日〇万円出します!とか、見たこともない人の条件を決めれるほど、スカウトに権限はありませんw

やたらと好条件を言う人は注意しておきましょう。

風俗嬢になりすましネットスカウト

やたら稼いでるアピールをする風俗嬢らしきツイッターもあります。

ホストの担当の為に、頑張って稼いでます的なアカウントで、このネットスカウト君のおかげで稼いでます的なツイートをよくしています。

本人なら全く問題ないのですが、ほとんどネットスカウト君がやっています。

俗にいうネカマスカウトです。

やたら担当スカウトをアピールしているのが多い場合、9割はネカマスカウトと思っていいでしょう。

ネットスカウトのトラブル例

ネットスカウト君の紹介で風俗店に働きにいって、トラブルになるケースは本当に多いです。

悪徳店紹介

本来、出稼ぎの場合だと給料を保証してくれます。

保証の例として、10日間勤務してくれるなら、もし給料が50万円以下になった場合は、差額を埋め合わせします。ということです。

この場合だと、出稼ぎ先で稼げなかったとしても、50万円は保証されているということです。

しかし中には、高額保証をうたい人を集めて、いざ稼げなかった時に保証を払わない悪徳店が増えてきました。

架空のクレームのでっち上げや、NGプレイを聞いていない、体重オーバーなど、ありとあらゆる角度から難癖をつけてくるお店は多いです。

いわゆる保証詐欺です。

こういう悪徳店を紹介するのは、ほとんどがネットスカウト経由です。

割れた保証は払う詐欺

難癖をつけて保証を払わないお店が増えてきて、それを警戒する女性も増えてきました。

そこで女性を安心させる為に、ネットスカウト君は魔法の言葉を使います。

「お店が保証を払わなければ僕が払います」

この言葉を信用した女性は、安心してネットスカウト君の紹介でお店に行きます。

ネットスカウト経由だと悪徳店が多いので、安定の保証割れをします。

そして、お店は難癖をつけて差額を払う気はありません。

でも女性は安心してるんです。

そう!魔法の言葉を聞いてるから。

ネットスカウトに連絡を入れると、まず「お店と協議します」などと言うてきます。

ずるずる時間を引き延ばして、嘘のクレームをでっちあげられ、クレームは規定違反なので払えませんと結局逃げていきます。

詳細を伝えていない

詳細やNGプレイを細かく伝えていないことによって、トラブルになるケースは多いです。

女性自身がNGプレイや傷などを伝えていない場合は、ある程度は仕方がありません。

しかし、女性側がネットスカウト君にはきちんと詳細を伝えているのに、スカウト側からお店に伝えていないケースがあります。

不利な条件になりそうな詳細を伝えずに、とりあえず条件を出してもらい現地に行かせるという強行突破をしてきます。

ひどいケースでは、ネットスカウトが勝手に写メを修正したり、体重を変えるという悪質なケースもあります。

まっさん
まっさん

そんなんされたらぶん殴ってやろうぜ

トラブル対応しない

上記みたいに、詳細を改善をされてしまうとお店は困りますよね。

そうなれば、お店側は条件を見直さなければいけません。

女の子側からしたら「はー?」って感じですよね。

それをスカウトに対応を求めても、「少々お待ちください」などとはぐらかしてきます。

待つもなにも、悪いのは完全にお前だけやん!って感じです。

そしてズルズル時間がたち、いつの間にか出稼ぎの終了期間になっています。

連絡が途絶える

保証未払い対応や、詳細違いの対応の連絡をずっとしていると、突然と連絡が取れなくなるケースは本当に多いです。

ネットスカウト君との関係性もほぼない状態なので、どこにいて、名前が何かもわからないので、連絡が取れなければどうしようない状態になります。

ネットスカウト君も関係性がない人なので、トラブルがあってもしらんぷり。

現地行って働いてくれたら紹介料入るし、もう対応はしないよ。というスタンスです。

キングオブクズです。


ゴリゴリの違法店紹介

デリヘル希望なのに、現地に行ったら違法な本番デリヘルだったというケースもあります。

こうなればスカウト側は、最初から完全に騙そうと思って接しています。

すぐ帰るか、現地のお店ですぐ働けるお店を用意するしかなくなってしまいます。

ネットスカウトとのトラブルを回避する対策

ツイッターでは良い条件だったのに、いざ勤務地へ到着したら全然条件違うし、最悪。

なんてことにならないように、しっかり事前対策はしましょう。

これはネットスカウトに限らずですか、スカウトを利用する時の対策にも使えます。

お店サイトや求人サイトをチェック

ネットスカウトから提案されたお店があるなら、まずお店のサイトや求人サイトを確認してみましょう。

無料オプションに自分のNGプレイがある場合は、現地に行ってから確実にトラブルになるでしょう。

ホームページが安っぽいお店も基本的に危ないです。

お客さんからしても、積極的に利用しようという気持ちにはなりません。

そうなれば集客も少なく、お店が暇というパターンが多いです。

あとは求人サイトもチェックして、ネットスカウト君が提示してきた条件とお店の求人サイトの条件を比較してみましょう。

明らかに誇大表記しているお店は信用できません。

ツイッターで情報収集

ネットスカウト君から提示された店舗名を、ツイッターで検索しましょう。

SNSの情報の全てが事実とは限りませんが、悪口やトラブル被害が異常に多いようなお店なら、悪徳店と思った方がいいです。

掲示板サイトをチェック

爆サイや地域の掲示板もチェックしてみましょう。

ツイッターと同様に、被害が多そうなお店は避けるのがベストです。

ネットスカウトを使わない

極論になりますが、ネットスカウトを利用しなければ、ネットスカウトとトラブルになることはありません。

自分でお店を探して、周りの情報を調べて、自分で応募するのがトラブル回避出来る手段です。

自分に見合う大手店舗で働く

有名な大手の店舗になると、悪質なトラブルにはなりにくいです。

大手だからといって敷居が高いこともありません。

高級店、大衆店、激安店、人妻店、コンセプト店、大手にも様々なお店があります。

自分の情報を偽ることなく伝えれば、きちんとした条件提示をしてくれます。

風俗のスカウトマンは危険?関わると本当に危ない4つの理由

今回のまとめ

ネットスカウトの危険性はわかりましたか?

・悪徳店紹介
・保証未払い払う詐欺
・わざと詳細を伝えない
・トラブル対応しない
・連絡ブッチ
・ゴリゴリ違法店紹介

風俗のお仕事を探す時に、他力本願のみではトラブルになるケースは多いです。

ツイッターだけの情報に惑わされずに、自分で出来る対策もしっかりしておきましょう。

ネットスカウト被害に合った場合、僕に相談してください。

ボランティアで出来る限りの対応をやっています。

働き方に「自由」を。高収入なおうちバイト「チャットレディ」ならFANZAライブチャットで。

タイトルとURLをコピーしました