マッチングアプリで業者や詐欺師を見極めるための5選&完璧な対策

アンダーグラウンド

野球賭博してるやつ、だいたい消える。
はい、まさぼーです。

今回はマッチングアプリに潜む悪徳業者についてお話しします。

マッチングアプリは恋愛するためのツールとして多くの人が利用していますが、ひどいことに中には悪質な業者や詐欺師もいます。

恋愛をしようとしている人を騙すとかクソおぶクソです。

今回はマッチングアプリに潜む業者の特徴や引っかからない為の対策をお伝えします。

無料登録で3000円プレゼント♪オンラインカジノ【遊雅堂】

悪徳業者の主な目的

まずは悪徳業者はどういう目的なのか?をお伝えします。

個人情報の抜き取り

連絡先など知ることで迷惑メール業者へ情報を売ったりします。

フィッシング詐欺(大手企業の偽サイト)などの通知が来て、アクセスしてカード情報を抜き取られたりするケースも多発しております。

有料サイトへの勧誘

ある程度やりとりをしたら、「こっちのサイトの方が信用できるから、こっちでやり取りしよー」といって、高額な有料サイトへの勧誘をしてきます。

美人局を介してお金を巻き上げる

これはタチが悪いです。

実際にすぐ会えますし、その日にホテルにも楽勝でいけます。

もう気分はウキウキのはずです。が、ホテルへ入れば地獄の始まりです。

行為が終われば、いきなり男が入ってきて、

ヤクザ
ヤクザ

誰の女に手を出しとんじゃーーーー!

とすこぶる怒鳴ってきます。

そこから慰謝料うんぬんで高額のお金を請求されてジ・エンドです。

ネットワークビジネスや投資などの勧誘

このパターンもすんなり会えるので注意です。

会ったら最後、謎のねずみ講などに勧誘されます。

タチが悪い場合、大人数で押しかけてきて帰してくれない状況を作られたり、嘘のおいしい話しでカモられます。

で、高額な入会金を取られてジ・エンドです。

ぼったくりバーなどの勧誘

ぼったくりバー界隈のクズどももマッチングアプリでカモを探しています。

これもすぐデートまではできます。

私良いお店してっるよー

という女性には注意しておきましょう。

ぼったくりバーに連れて行かれて、氷代だけでも数万円など取られて、お会計のときにはジ・エンドです。

1.業者の特徴を知る

まずは、マッチングアプリに潜む業者の特徴を知ることが大切です。

業者は、マッチングアプリの運営会社とは関係なく、出会いとは異なる目的のために活動する人たちです。業者の狙いとしては、以下のようなものがあります。

プロフィール写真が出来すぎている

トラブルの統計的には韓国系美女はあやしい業者の可能性が高いです。あとはAI加工系美女はほぼ業者です。

基本的に超絶美人は疑っておきましょう(笑)

早々にLINE交換を求めてくる

業者側は極力無駄なやりとりを省いて早々に連絡先の交換を提案してきます。

男性側も早く連絡先を交換して直接やり取りをしたいと思いますが、まずは落ち着きましょう。

これらの特徴に当てはまる相手には注意が必要です。

もちろん、すべての特徴に当てはまるというわけではありませんし、特徴に当てはまらなくても業者である可能性はあります。

しかし、業者の特徴を知っておくことで、業者に引っかかるリスクを減らすことができます。

2.プロフィール写真を画像検索する

業者のプロフィール写真は、国内外問わずモデルや芸能人などの有名人の写真を使っていることが多いです。

また、プロに撮影してもらったような写真や、露出が激しい写真も業者の特徴です。

そこで、プロフィール写真を画像検索することで、業者かどうかを判断することができます。

画像検索とは、画像を検索ワードとして使って、インターネット上の同じ画像や類似画像を探すことです。画像検索をするには、以下のような方法があります。

Googleの画像検索を使う

まずはグーグルで、プロフィール写真を画像検索して下さい。

もし、プロフィール写真が有名人の写真やほかのサイトの写真と一致したり、類似したりしたら、業者である可能性が高いです。

逆に、プロフィール写真がインターネット上に存在しなかったり、自分撮りや日常風景の写真だったりしたら、業者でない可能性が高いです。

3.連絡先の交換は慎重にする

業者は、マッチングアプリの外で連絡を取りたがることが多いです。その理由は、以下のようなものがあります。

・無駄なやりとりを省きたい

・LINEやメールなどの個人情報を抜き取る

業者は、マッチング直後やメッセージのやり取りが少ないうちに、LINEやメールなどの連絡先の交換を求めてきます。

マッチングアプリ内のやりとりであやしいやりとりをしてバンされない為です。

そこで、連絡先の交換は慎重にすることが大切です。連絡先の交換を求められたら、以下のような対策をとりましょう。

マッチングアプリでのやり取りをもう少し続けたいと伝える

業者であればこの時点で諦める可能性が高いです。

あいつらは効率を意識する生物なので、こいつは脈無しを判断すればすぐに次のターゲットを探します。


相手のプロフィールやメッセージをよく確認する

プロフィール写真以外にも、投資系アカウントやママ活系のアカウントは詐欺業者の可能性が高いです。

エロ系も騙される人が多いですが、有料サイト誘導詐欺、ペイペイ先払い詐欺や動画を買わされて終わりが多いです。

4.お店は自分で提案する

業者は、デートを装ってぼったくりのお店に誘導することがあります。

ぼったくりの店とは、主にぼったくりバーです。謎の氷代やサービス料などの名目で、高額な代金を請求する店のことです。

そういう業者は、デートの場所やお店を自分で指定してきます。その際に、以下のような特徴があります。

・前から行きたかったと言っておきながら、店の名前や住所をはっきり言わない
・予約が必要だと言って、自分で予約をする
・お店の雰囲気や料金についてあいまいに答える

これらの特徴に当てはまる相手には注意が必要です。

もし相手からお店を指定されたら、以下のような対策をとってみましょう。

お店の名前や住所を聞いて、インターネットで調べる

お店の名前を聞いたら、まずは本当に実在するお店か確認しましょう。

インターネットで出てこないお店の場合は、ぼったくりバーの可能性が高いです。

お店の評判や口コミをチェックする

もしお店の名前と場所が一致した場合は、評判や口コミの確認をしてみましょう。

掲示板などでぼったくり系の話題が多いなら、ほぼぼったくり関係のお店でしょう。

自分が知っているお店を提案する

相手側がお店を指定したとしても、自分でお店を提示してみてください。

相手がぼったくり系に誘導するクソなら、その提案にはまずのってきません。

5.会う前にビデオ通話をする

業者は、会う前にビデオ通話をすることを嫌がることが多いです。その理由は、以下のようなものがあります。

プロフィール写真と実物が違うことがバレる

マッチングアプリにいる悪徳業者は基本的に女性のフリをしたハゲたおっさんです。

ビデオ通話なんかしたらハゲがばれるので絶対してくれません。

顔や声が録画されて証拠にされることを恐れる

悪徳業者は全てのことに証拠を残すことを嫌がります。

録音されることなどは基本避けたいので、声などの録音をされることを懸念します。

ビデオ通話に時間や手間がかかる

上記でも言いましたが、悪徳業者は効率を意識しています。

手間だなと思ったら、すぐ次のターゲットを探す行動をします。

逆にビデオ通話に応じてくれたら業者じゃない可能性があがります。

もちろん投資詐欺やネットワーク詐欺などの懸念はあるので、完全に安心することは危険です。

今日のまとめ

今回は、マッチングアプリで業者の特徴やひっからない方法を5つ紹介しました。

マッチングアプリは本当に悪徳業者やサクラ、詐欺師が多いです。常にそのことを頭に入れて被害に合わない意識をしておきましょう。

皆様の素敵な出会いを祈っております。

最後に評判のいい出会い系を貼っておきますので、出会いを求めている方は参考にどうぞ。



タイトルとURLをコピーしました